X2プロシステム

レーシングの未来を体験!MyLaps X2プロは、プロレース向けの最先端データプラットフォームです。X2プロの双方向通信により、可能性は無限に広がります。
X2-pro-header

プロレーシングシリーズ向けのタイミングとデータシステム

“MYLAPS X2プロは、最先端のデータプラットフォームです。メインの新機能には、メッセージやステータス情報を車両と送受信ができる双方向通信があります。
トラックに複数のループを設置すれば、データ送受信のオプションも無限大。MYLAPS ソフトウェア開発キット(SDK)により、用途に合わせたアプリの開発も可能です。

 

どのような仕組みか?

トランスポンダーは探知ループを通過する際に信号を送信するだけでなく、受信することもできます。この双方向通信がデータへのアクセス・解析を容易にし、可能性を無限に広げます。

 

マルチループ
MYLAPS X2 Pro - Track Management

X2プロは、トラック上の探知ループが1つでも使用された場合、最適な状態で作動するよう設計されています。トラックに複数のループが設置されていれば、選択肢は無限に広がります。
それぞれの探知ループは、車両がその上を通過する時に情報を送信・受信します。これにより、例えば、車両に搭載されたディスプレイにイエローフラッグを表示して、自動的に危険が生じたことを知らせたり、予測ラップタイムを伝えるたりすることができます。

 

 

 

  • レースの安全性が飛躍的に向上
  • あらゆるイベントにおいて、常に安全性を確保
  • 自動カメラ追跡システム

 

カスタマイズアプリケーションの開発

X2プロは、ソフトウェア開発キット(SDK)を導入しています。これにより、アプリーションを完全なカスタムで開発することができます。
下記はその一例です。

レーサーの能力を最大限に引き出す

  • 重要な車両パラメーターを用い、映像によるラップデータ解析を行う

車両搭載ディスプレイでライブデータを受信

  • フラッグ信号の表示
  • レースや予選の順位
  • ラップスプリットタイム

レース規則の施行

  • ジャンプスタートの探知
  • ピットレーン内の制限速度やピットストップ時間の計測
  • 車両のパフォーマンスデータ

X2 Pro Server

無限の可能性

レーストラックやレースシリーズがそれぞれ異なるように、求められるニーズもそれぞれ異なります。ソフトウェア開発キットを用いることで、ユーザーがそれぞれのニーズや希望に沿ったシステムをカスタマイズすることができます。

下記はカスタマイズ可能な機能の一例です。

  • イエローフラッグが表示されている際の追い越しを自動探知
  • ノイズ管理
  • Push to Passシステムを連動
  • 車両のパフォーマンスデータを監視
  • 自動フラッグ
  • 車両搭載ディスプレイ上でフラッグ信号を表示
  • カメラトラッキング(追跡)
  • ピットレーン内の速度計測
  • モーターバイクの尾灯コントロール

 

References

giro_logo_2018 icon-android-e1490697137159 indi-speedway-1-e1488370555798 motogp-1-e1488367647596 paul-ricard-circuit-e1488370715187