X2システム

X2システムはカーレース、バイクレース、カートレース向けの次世代型MYLAPSプラットフォームです。レースやトラックの状態など広範囲にわたる情報を提供します。

従来のタイム計測に加え、さまざまなデータの収集、配信までもを可能にした世界初のX2システムをご紹介します。MYLAPSの新しいデータプラットフォームにより、レースの内容、コースの状況、システムパフォーマンスなど、より細かい分析が可能になります。X2は、革新的な双方向通信技術および専用のX2クラウドを通じてデータを収集し、レーサー、タイムキーパー、観客にデータを配信できる最先端のシステムです。X2システムに含まれているソフトウェア開発キット(SDK)は、公式なレースデータやコースデータに基づき、ソフトウェア開発者が自由にソフトウェアやアプリを開発できるキットです。

 

新しい世界へと導く新機能

レースイベントに携わるすべての人々にまったく新しいレース管理方法を提案します

 

MYLAPS.COMへの自動アップロード

X2システムは自動的に
練習走行データをMYLAPS.COM上の個人のMYLAPSアカウントへとアップロードします。

マルチループ対応

マルチループシステムは、コースの区間計測を可能とします。レースデータが区間タイムごとに区切られることによって、レーサーはより詳細な区間ごとのパフォーマンスの分析が可能となります。複数のタイムラインのシンク(同調)はX2システムを通じて簡単に行うことが出来ます。
*現状のX2システムはMYLAPSプラクティス上では一区間のみのご利用が可能です。

一つのシステムをすべてのスポーツへ

X2 システムによって、
カー、バイク、カート、モトクロスなど、すべてのモータースポーツの計測が可能となります。
*一回のセッションにつき1種類のトランスポンダーのみご利用が可能です。

双方向通信

X2システムはレーストラック上のレーサーに対し双方向通信をもたらします。データはトランスポンダーよりデコーダーに送られるのみではなく、重要なレースデータを車両側に送り返し、X2システム対応のデータロガー等のオンボードディスプレイに表示させることが出来ます。

トラックの診断とリモートコントロール

X2システムではシステムのパフォーマンスの分析が行えます。システムがインターネットに接続されていれば、X2クラウドを経由し診断をリモートで行う事が可能です。
コースマネージャーはどこからでもアクセスでき、セットアップや状況の確認が行えます。

トラックの路面温度とループの状態

X2トラックセンサー(オプション)を設置することでトラックの路面温度や設置されたループの状況が確認できます。

ライブタイミング

X2システムではライブタイミングサービスを通じてリアルタイムのデータ配信が行えます。
レースデータはサーキットのディスプレイ、ウェブサイト、スマートフォンアプリまたはサードパーティ製のアプリケーションより供給されます。

ソフトウェア・アプリケーションの開発

X2システムではソフトウェア開発キット(SDK)がご利用頂けます、開発者の皆様はこちらのSDKを通じてソフトウェアやアプリケーションの開発を行えます。

リモートサポート

X2システムは高品質で使いやすい設計となっております。
しかし、予期せぬトラブルが起こる事もあります、そんな時はインターネットに接続されたX2システムをX2クラウド経由でリモートサポートいたします。

システム

システムには下記のコンポーネントが含まれています。

References

olympics_logo-e1490697175433 berlin_marathon_logo-e1490697158471 icon-android-e1490697137159 indi-speedway-1-e1488370555798 motogp-1-e1488367647596 paul-ricard-circuit-e1488370715187